太陽光発電工事
ホーム > 太陽光発電工事

太陽光発電工事

パナソニック、シャープ、東芝、三菱、カナディアンソーラーなどに代表される大手メーカー各社認定の太陽光発電システムの施工ID取得者による施工ですので、安心・安全な施工をお約束いたします。
また、各社太陽光発電システム施工研修に継続して積極的に参加しておりますので、細心の施工法においても明るく、お客さまに最適な施工法及び、メーカーの選び方などのご提案もできます。

画像クリックで拡大表示いたします。

施工事例(北海道・富良野)

  • 1.架台1.架台
  • 2.施工中2.施工中
  • 3.完工3.完工

設置のバリエーション

※設置条件により、異なる工法・施工方法で幅広く対応いたします。
  • 平屋根平屋根
  • 傾斜屋根傾斜屋根
  • 野立て野立て

弊社は北電工事業登録会社の為、ほくでん(株)の料金プランについても熟知しております。ですので、電力契約の見直し等のお得な電力契約プランについての情報もご提案できます。

蓄電池設備工事

深夜の安価な電力を蓄電池に蓄え、昼間時間帯にその電力を使うことによって電気代の削減につながります。また災害時等の停電時に蓄電池から電力を供給し使うことができます。

もちろん蓄電池におきましても、弊社は各メーカーの施工水準を満たす各社認定IDを取得しておりますのでお客様のご満足いただける施工をご提供できます。

  • 蓄電池:屋外設置蓄電池:屋外設置
  • 蓄電池:室内置蓄電池:室内置
  • 蓄電池:室内壁掛蓄電池:室内壁掛

蓄電システムの効果が最も発揮できるのは太陽光発電システムと組み合わせた場合です。夜間電力は安価な電力を蓄電し、朝の出勤・通学の時間帯の使用電力をまかない、昼間時間帯は太陽光発電での電力を使用・蓄電し、余剰分は電力会社に売電します。そして、太陽の沈んだ時間は発電した電力を蓄えた蓄電池の電力で深夜電力料金開始時間まで蓄電池で賄います。
これによって、従来の目的のリスクマネジメントのほか、電気料金の大幅な節約にも期待できます。

電気自動車充電設備工事(PHEV)

3電力の同時供給

EVとは、電気自動車のことをいいます。
PHEVとは、家庭用コンセントから直接充電できるハイブリッドカーのことを指します。

電力は、ガソリンよりも圧倒的に安価なエネルギーです。
PHEVは家庭用電源から充電できるので、EVのように充電スポットに悩まされるといった点は解消し、また、多くの場合安価な深夜電力にてPHEVのバッテリーを充電するため、非常に燃費の点で優れています。

このPHEVですが、家庭用蓄電池の代わりとして使うこともできます。
普段はEVとして火力発電所のように自動車自ら発電し蓄電することで、非常時のリスクマネジメントの点で強い効果を発揮します。また、お出かけ先で自動車の発電した電力を使うことができるので、電気の使えるキャンプを楽しむ、といったこともできます。

HEMS

PHEV物ター

お客様ご自宅の電気を「見える化」し、節電意識を高めたり(省)、さらにスマートフォンの専用アプリ(無料)を使えば設備の遠隔コントロールもできるようになります。
太陽光発電(創)、蓄電池・PHEV(蓄)と組み合わせることで、創・蓄・省のトータルマネジメントができ、住まいの電気を賢く使うことが可能です。
また、他の電気製品と連携登録することによって、外出先から冷暖房、空調設備などの電気機器を操作できるようになります。